So-net無料ブログ作成
検索選択
Unit 3 ビジネス英語 ブログトップ
前の10件 | -

流行語大賞 [Unit 3 ビジネス英語]

Unit 3-6 2010年の流行語大賞


Prosperity, not just for us but for the whole world,
I think, is inextricably linked to energy.
(繁栄/成功は、私たちアメリカにいる者にとってだけでなく、
全世界にとって、エネルギーと密接につながっていると思います。)

A Smart Grid for Intelligent Energy Use より。 00:07

( 前回のつづき )

2010年の流行語大賞は「見える化」だと思う。


Originally uploaded
by wildtomato
君の予想は?

英語にすれば visualization

この言葉は別の意味では既に使われている。

しかし、2010年にその言葉が流行るのは
スポーツや生産工程によるものではない。

エネルギー革命によるものだ
(おそらく、スマートグリッドも関係してくる)。
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

スマートグリッドを創造するために [Unit 3 ビジネス英語]

Unit 3-7 スマートグリッドを創造するために


http://www.youtube.com/watch?v=fQguJFn6eOE


http://www.youtube.com/watch?v=yGk13U_kgGM


The urgent need to move to a low carbon economy,
unpredictable fuel costs and aging infrastructure
and climate change are all converging
to require a radical transformation of the electricity system and utilities industry.
Recognizing these challenges, the energy community is starting to marry information and communications technology with the electricity infrastructure
to
create a Smart Grid.
(低炭素経済への移行に対する早急な必要性、
予測できない燃料費と老朽化したインフラ、また気候変動、これらすべてが、
電気システムと電力/ガス会社など公共事業産業の革新的な変化を要求しています。
これらの課題を認識して、エネルギー事業体は情報伝達技術と電力インフラを結びつけることを
はじめています。スマートグリッドを創造するために。)

http://www.youtube.com/watch?v=yGk13U_kgGM
0:42 - 1:11

( 前回のつづき )

marry to create 創造するために結婚する

「結婚」を表す marry という単語を使って表現されているスマートグリッド。

そこにあるのは輝ける未来か、それとも、泥沼化する結婚生活か。

 

→ 記事全文を読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

Unit 3-10 自然淘汰 [Unit 3 ビジネス英語]


un -natural selection
Originally uploaded by sue skitt
Natural selection is the process
by which heritable traits
that make it more likely
for an organism to survive
and successfully reproduce
become more common in a population
over successive generations.
It is a key mechanism of evolution.
自然淘汰は過程である。
幾つかの世代にわたって起こる。
生き残りと再生/再創造を賭け
有機生命体は熾烈な競争に臨む。
それは進化のメカニズムの鍵である。)

Wikipedia より (日本語はRayの超意訳)

自然淘汰が始まっている。ショッキングなメールが来た。


 → この記事のつづきを読む


「出張してます」と言いたいとき [Unit 3 ビジネス英語]


modern perspective
Originally uploaded by Mr. Mark
Unit 3-3 「出張してます」と言いたいとき

( 前回のつづき )

日本人が間違いやすいのが、
He went to business trip.としてしまうこと。
これだと 「ビジネストリップという場所に行った」
になってしまう。


 → 続きを読む



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

方向転換 [Unit 3 ビジネス英語]

r110617u0611a120

But our time of standing pat,
...has surely passed.
(しかし、頑なに方針を変えない時代は
明らかに過ぎ去りました。)

08:29 President Barack Obama 2009
Inauguration and Address
オバマ氏大統領就任演説: 2009年1月20日

字幕 & 映像 (08:29)

上の英文では stand pat という熟語の理解が鍵。


 → この記事のつづきを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

とてつもなく大きな仕事 [Unit 3 ビジネス英語]


Obama Listens
Originally uploaded
by sumrow
You understand the enormity of the task
that lies ahead.
(皆さんは、これからしなければならない
仕事の大変さを理解しています。)

付属DVD 07:31 President Barack Obama 
訳 COURRiER Japon, p. 71




 → この記事のつづきを読む
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

自分に出来ることで [Unit 3 ビジネス英語]


IMG_1012
Originally uploaded by Barack Obama
So let us summon a new spirit of patriotism,
of responsibility, where each of us resolves
to pitch in and work harder and look after
not only ourselves but each other.
(だからこそ、新しい愛国心と責任感の精神を
奮い起こしましょう。われわれ一人一人が協力し、
さらなる努力をし、そして自分たちだけでなく
お互いのことを思いやるのです。)

10:10 President Barack Obama
訳 COURRiER Japon, p. 72

ここでは pitch in = contribute の方程式を覚えよう。
この文脈での pitch in は(共通の目的のために)自分ができることで参加する

 → この記事のつづきを読む
タグ:オバマ英語
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

RoHS Compliant [Unit 3 ビジネス英語]


ROHS Compliant Flash Drives

このビデオから学んで欲しいのは RoHS と Eco をアメリカ人がどう発音するか。
上級者はただ聞くだけでなく、シャドーイングもやってみよう。
環境問題について話す時、きっと役に立つよ 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

RoHS Compliant 2 [Unit 3 ビジネス英語]


RoHS Compliant Components May Not Be Lead Free

( 前回のつづき )

じゃぁ、今度はイギリスの人がどう発音するか、聞いてみよう。
どっちがお好み?

ぼくはどっちも好き  フランス人の英語も、インド人の英語も、日本人の英語も
美しい。その国々の個性が出るって素晴らしい。

ただ、コミュニケーションは相手に伝わらなきゃならないから、
そのために「正しく」発音できるようトレーニングしてね

Bobさんのプロフィール


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問
前の10件 | - Unit 3 ビジネス英語 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。