So-net無料ブログ作成
検索選択
Unit 17 農業 ブログトップ
前の10件 | -

蓼食う虫も好き好き [Unit 17 農業]

There is no accounting for taste.
(蓼食う虫も好き好き;
人の好みは説明できない)

蓼(たで)は smartweed
(葉の汁が皮膚をヒリヒリさせるという草;
触れると皮膚を刺す草)。

それを好んで食べる虫がいるというのだから・・

雑草を活かす農法はそういう自然の摂理を
理解したものなんだな。

いろいろあった Sooda! だけど、非常に興味深いQ&Aがあった。
雑草を抜かずに、野菜を育てる自然農法をやっている人も多くなってきているそうですが、
理にかなった農法なのでしょうか?



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

いちご畑で英会話 [Unit 17 農業]

家庭園芸 (gardening) でも
本格的な園芸 (horticulture) でも、
基本は「土作り」から。

堆肥 (compost) や
畝 (うね;furrow) を作ることとか、
基本をしっかり押さえておかないと、
後々大変なことになる。

英会話も農業に似ている。

→ 記事全文を読む



Before I plant my strawberries,I've got some prep work to do.
(苺を植える前に、下準備があります。)

How to Plant Strawberries 0:39


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

酪農牧場で英会話 [Unit 17 農業]


relaxed 
Originally uploaded
by Strawberry drop
A dairy is a facility for the extraction
and processing of animal milk...
a farm (dairy farm) or section of a farm
that is concerned with the production of milk,
butter and cheese..
(酪農とは、牛や山羊などを飼育し、
乳や乳製品を生産する農業をいう。)

Wikepedia Wikepedia 日本語版

前回のつづき

今日は発音トレーニング。

dairy と daily の違いを練習しよう。


 → この記事のつづきを読む
 

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:学問

TPP反対派の知的分析 [Unit 17 農業]


中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない!

( 前回のつづき )

英語教育に debate というものがある。
自分の意見と反対の立場に(わざと)立って議論することで
"the art of persuasion"(説得力)を磨くトレーニングだ。

「相手の立場で議論する」という一見遠回りな作業を経て、
自分の殻に閉じこもっていては見えないことが見えてくる。
白熱した討論になりなかなかおもしろい。

しかし、英会話上級者がする discussion より難しく、
ネイティブレベルの英語力があっても苦労する。

また、自分の持論を(一時的にでも)殺してしまわなければならないため、
その人の寛容さが試される。

TPPに関してぼくはどちらかというと反対寄り。
EPA/FTAのほうが良いんじゃないかと思う。

しかし、それさえ「米国丸儲け」になったのが米韓FTAらしい。

 → 記事全文を読む

 

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:学問

ドラゴンフルーツ [Unit 17 農業]

dragon fruit by greensake
dragon fruit, a photo by greensake on Flickr.
The dragon fruit contains
high antioxidant properties
such as Vitamin C, A and E.
It has dietary fiber content
of 1 gram per 100 grams
and has 50% of the Vitamin C requirement
of the human body
which is enough to boost the immune system.
(ドラゴンフルーツはビタミンC、A、Eなど
強力な抗酸化作用を持つ物質を含みます。
100グラム中1グラムの食物繊維と
人間に必要なビタミンC50%があり、
免疫機能を強化します。) 

Health Benefits of the Dragon Fruit
www.antioxidant-fruit.com
より

前略
 
熊本産のドラゴンフルーツを食べた。面白い味だった
完熟させたら糖度は20くらいになるらしい。

買うとき八百屋のおばちゃんに「甘いですか?」と尋ねたら、
「それほどでも・・」という返事(なんて正直な!)。
「好みですね」と彼女は付け加えた。
でも、珍しいからとりあえず買って、食べてみた。

おばちゃんの言うとおりだった。

でも、初めて触れる色、そう、見る、というより、「(色に)触れる」という感覚。
凄い色素、アントシアニン。

ドラゴンフルーツは美容に良いらしい。
あ、また綺麗になっちゃうわ、あたし(オネエキャラ?)。

それにしても、熊本県の農家の方々には頭が下がる。

檸檬、ズッキーニ、キウィ、そしてドラゴンフルーツ。
おそらく試行錯誤で作っているのだと思う。

ほんとうにありがとう!
熊本に住んでて、幸せです

 → 記事全文を読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

TPP賛成派の見解 [Unit 17 農業]

20 days old 2
Baby Ray sleeping (20 days old)


50 Years Later, JFK's Inaugural Address Continues to Resonate

And so, my fellow Americans, ask not what your country can do for you;
ask what you can do for your country.
(だから、我が同胞、アメリカの国民よ、国が自分に何をしてくれるかと尋ねず、
自分が国に何が出来るかと尋ねてください)

4:00 - 4:10 John F. Kennedy

〔追記 2013年2月22日金曜日〕

前略

そして、「TPPはチャンス」と言う農家竹村正義さんも茨城だ。

茨城で一体今何が起こっているのだろう?

中略

野菜には旬があり、収穫したら、その時から劣化は始まる。
できるだけ早く新鮮で美味しいものを子供たちの食卓に届けたい、と願うのが親心。

商の悪魔に魂を売ってしまった?

ぼくは遺伝子組み換え他、農薬低減などとことんこだわりを持って頑張っている農家の方々を
応援したい。梅芝の芝さんとか。

 → 記事全文を読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

養殖 vs. 天然 [Unit 17 農業]

go fish
お魚ちゃん、こっちおいで♪    photo by FoxyRabbit


Farm Raised Fish vs. Wild Caught

I've done a lot of reading about this.
And I have to say there's something fishy going on here.
(この件についてかなり読んで調べたんですが、これだけは言っておかなきゃ。
何か、ここ、うさんくさいことになってますね)

0:34-0:38

前略

〔追記 2013年3月16日更新〕

今はもう国産しか食べません。 →  しかし、それも「絶対安全」とは言いきれない。

•鹿児島県産の養殖魚(ブリ)からも放射性セシウムが検出されました
(1キログラム当たり7.2ベクレル、セシウム134と137の合計)。

•汚染の経路は、養殖で使用される餌の可能性が考えられます。

国際環境NGOグリーンピース

また、輸入された安価な遺伝子組み換え原料や病気を防ぐための抗生物質などを
飼料に混ぜている可能性は十分ある。

牛/豚/鶏などにそれらが使われているのは周知の事実で、避けるに越したことは無いが、
養殖魚も餌レベルから考えなくてはならない。

しかし、一般の消費者が選別するのは至難の業。

原発問題とまったく同じ「経済性」(お金儲け)が基準となると「経営者」は
どうしても安い飼料に心が傾く。

政府がリーダーシップをとって経済優先から健康優先に梶をきらないと食の安全は確保できない。

しかし、日本にそういう政府はない。

阿部首相は吸血鬼に血を吸われ、自身も吸血鬼と化し
2013年3月15日、TPP参加表明をした。

日本には過去にも農民の言葉に耳を傾けない統治者がいたが、歴史は繰り返す。

農を無視する者は立派な指導者ではない!

その点、熊本は良いリーダーに恵まれている

しかし、熊本だけ頑張ってもだめなんだ。

これは日本全土に遺伝子組み換え作物や超危険な食品が拡散する危機である
(「既に」蔓延している、ことは何度も書いてるが)。

中略


Farmed Salmon: Unhealthy and Unsustainable

13 different chemicals measured 10 times greater in farmed salmon
versus wild sermon
and concentrations of contaminants such as PCBs and PBDEs are
significantly higher in farmed salmon
Almost all of the contaminants found in farmed salmon are known
as probable or possible carcinogens by the Environmental Protection Agency.
(養殖の鮭には天然物の10倍検出される13種類の化学物質が含有
ポリ塩化ビフェニルやポリ臭化ビフェニルなど汚染物質濃縮度は
養殖の鮭にかなり高い
養殖の鮭に見つかるほぼ全ての汚染物質は/わかっている
発がん性が大抵、あるいは可能性が、あると/環境保護局によると)

3:17-3:41

British Columbiaはカナダ、しかし、この養殖場で育てられた鮭は
90%がアメリカに売られる、と(4:11)。

カナダとアメリカのお話?対岸の火事?

日本の養殖魚も、結論としては、健康なものもあればそうでないものも在るよう。

しかも、TPP参加表明された今、
そういう魚がカナダやアメリカからますます入ってくる可能性がでてきた。

遺伝子組み換え鮭とかも混じり込んでくるかもしれない(表示なしに!)。

→ 記事全文を読む



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

リンゴジュースにヒ素 [Unit 17 農業]

Untitled by Chris Rief aka Spodie Odie
Untitled
, a photo by Chris Rief aka Spodie Odie on Flickr.
Some of the best known brands in America have arsenic.

(いくつか/最も有名なブランド〔複数形〕の/アメリカの/ヒ素が入っています。
注: 「英語の語順で考える」のが英会話の基本
アメリカで有名ないくつかのブランドジュースにはヒ素が入っています。)

Arsenic in Apple Juice: Dr. Oz's Fears Revisited by New Study
0:27 - 0:30 (abc NEWS)

それは1年以上前から指摘されていた。 
Arsenic in apple juice: How much is too much?
Tom Marshall, St. Petersburg Times, March 14, 2010


前略

アメリカは自分達の「食の安全」を把握し切れていない
(日本はそういう国とTPPの交渉をしようとしている)。

中略

ややこしいのは、「アメリカ産」濃縮リンゴジュースの60%は中国の果樹園から、
その他ほとんどの商品も外国から輸入した果物により作られている。

おまけにアメリカの果樹園でもヒ素ベースの農薬を使う人がいる
St. Petersburg Times参照)。

害虫を殺すため散布する農薬。それが、りんご自体に入ってしまっている。
ということは、同じ農薬を使っていれば、それはりんごに限ったことではない。
あらゆる果物、野菜、穀類に入りこむ。

→ 記事全文を読む

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

大好きなお米、守りたい伝統 [Unit 17 農業]

Rice field
a photo by Mihai Japan

お米が大好きです。

好き、と、嫌い、love and hate、は表裏一体のようなもので、
お米が美味しくないと、がっかりします。

いろいろ試した結果、お米をおいしく食べるいくつかのポイントを見つけました。

その中で、最も効果的だったのは精米機を買ったこと。

以前コーヒーを飲んでいたとき(今はほとんど飲みません)、
豆をひいたら1日ごとに味が落ちてゆくことを発見。酸化、という現象です。

お米も同じでした。

中略

伝統育種は本当に安全か - 愛媛大学農学部
(↑ 遺伝子組み換え技術のみを悪者扱いにはできない、とGMO擁護派。
これは確かにそうかもしれない。)

→ 記事全文を読む

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中国の現実 [Unit 17 農業]

Ifugao Rice Terraces declared GMO-Free Zone
holding a bunch of GMO-FREE rice


遺伝子組み換え食品 国を滅ぼす

2009年、中国は「世界初の遺伝子組み換え米の商業栽培国」(3:18-3:33)となった。

「更に、中国農業省は遺伝子組み換え米が、5年以内に中国人の主食になると公言」
(3:33-3:41)

お隣の国ではもっと大変なことが起こっていた。

しかし、対岸の火事ではない。PM2.5より恐ろしい「米」がやってくる。
いや、それより既に日本で始まっているのがもっと不気味。

中略

関連記事: 我々は情報を食べている


GMO Ticking Time Bomb - Gary Null - Part 1

中略

But the FDA, the fraud and death administration, has made sure that
under current laws it is illegal for you to have that information.

(しかし、アメリカ食品医薬品局、別名詐欺と死の行政機関、は現在の法律下で
その情報をあなたが得ることを違法と定めることに努力を惜しまないのです。)

13:56 -14:11

アメリカ人は自分たちの食の安全を守るため遺伝子組み換え作物(GMO)を使用しているかどうか
表示することを求めている(アメリカでは表示してはいけない、という法律があるのだ。
どれだけ、政治が金/企業と癒着しているかがここに伺える。おそらく日本よりひどい)。

→ 記事全文を読む

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - Unit 17 農業 ブログトップ